▶︎ 副業マッチングサービス「ともるい」

事例紹介#7『副業でバランスの取れた働き方へ』

副業でバランスの取れた働き方へ』

ともるいは、都会にいながら副業として

地方で働くことができるサービスです。

ともるいライフでは、ともるいを

活用していただいた方々を紹介していきます。

・・・・

今日ご紹介するのは

新潟県津南町「津南醸造」の樺沢さん

Webマーケターの林さんです。

お二人は令和3年4月ともるいを利用してマッチングし

現在も副業として一緒にお仕事をしています。


【地方企業様】樺沢敦(かばさわ あつし)

新潟県津南町に蔵を構える津南醸造株式会社の代表取締役。

津南醸造のWebを強化したいと思っていたが人材などのリソースが足りず、地方の企業と都会で働く人とのマッチングサービス「ともるい」でWebプロモーターの募集をかける。5名の副業ワーカーとマッチングした。

【副業ワーカー】林恭彦(はやし やすひこ)

東京を拠点に活動する副業ワーカー。

前職の広告代理店でのWebプロモーションの経験を活かし、スマホゲームのプロジェクト進行管理を行う。地方にゆかりがなく、地方に関わることのできる仕事を探していた時に「ともるい」に出会う。自分のスキル活かして働くことができると感じ、このプロジェクトに応募。

実際の業務について

樺沢
樺沢

私は5名の方とマッチングしました。現在、5名を3チームに分けて仕事を行っています。皆さん経験豊富で様々な知識をお持ちなので、アイデアをたくさん出してくださいます。

実際にお仕事始めてから約4ヶ月が経ちますが、だんだん成果が見えてきました。海外向けECサイトも完成間近ですし、SNSの広告運用も回っていて収益も出てきています。津南醸造としてのvision、mission、valueの部分も、壁打ちもしてもらってより進んでいきたい方向が明確になりました。

色々なことを相談しながら事業を進めているので、やりたいことが次から次へと思いつき、実際に手足を動かす人が足りていませんね(笑)もしまた機会があれば、制作などの実務をお任せできる方を別で募集したいと思います。また、5名いるので皆さんの時間を合わせることが難しく、マンツーマンでのミーティングになってしまうこともあります。しかしそれ以上に皆さんそれぞれが専門的な知識をお持ちで、私がたくさん勉強させていただいて楽しく働けています。

林

令和3年4月より約4ヶ月間一緒にお仕事をしています。私は全体的にマーケティングのお仕事をさせていただいていますが、一筋縄ではいかない部分が多く試行錯誤を繰り返しています。具体的に、津南醸造の認知度を上げるための施策や、津南醸造というブランドとしてのメッセージを的確に伝えるために、様々な方法を試しています。戦略を考え、実際にやってみては振り返りをし、また戦略の部分から考え直したりなど…やり方の改良を重ねています。

個人的にはまだ十分な成果を出せていないと感じているため、関わらせていただいている以上は実績を残したいと思っています!

樺沢さんはご自身も副業を行っているそうです。お二人にとっての副業の良さとは

樺沢
樺沢

rice work / life work / light workという言葉を耳にすることがあると思います。rice workとは、お金や生活のために働くことの例え。life workは、自分の持っているスキルを還元し、地域や地元へ貢献する働き方の例え。light workは、その方の人生に光を当てるような仕事、天職の例えを表しています。どれが正しいとか間違いということではなく、これらのバランスを取ることが大切だと考えています。私の若い頃には企業に所属するということが当たり前になっていて、就職するか転職するかの0-100でしか考えていませんでした。ですが副業という選択肢があることを知ってからは、様々なことに関わりながら働くことができています。副業はそういった働く選択肢を増やすことができるので良いと思います。もう、自分が一つの企業に所属する働き方は想像ができませんね(笑)

林

私は副業を行うのは今回が初めてでした。週1回のオンラインミーティングと随時テキストベースでお仕事していますが、本業に支障をきたすことはありません。普段はスマホゲームの制作を行っているためクリエイティブに近いお仕事をしていますが、津南醸造のお仕事ではマーケティングを行っているため、違うジャンルのお仕事をバランス良く出来ていますね。自分のこれまでの経験を活かして働けている感覚もあります。本業と副業どちらも行うことで自分にとって思考の転換が出来て、良い息抜きになっています!

副業を通じて様々な人と関わることの魅力とは

樺沢
樺沢

私がもう一つ代表取締役を務めている株式会社FARM8でも、副業ワーカーを10人ほど活用しています。副業ワーカーの方たちは色々な経験をしているしスキルもあるから、その領域に対する関心が強いですよね。一緒にお仕事をする中で壁打ちに対する返しの内容が濃いと感じています。相談した時に質の高いアウトプットが出てくるので助かっています。本当にこういう人たちとお仕事できるのは嬉しいですね。

短期間で見れば自社で行った方が利益が出るようなこともあると思います。ですが3ヶ月後など、長い目で見ると外部のスペシャリストに関わってもらった方が良いということは大いにあると思います。

ただ、副業ワーカーを受け入れる上で、企業側のマネジメントの部分が今後も重要になっていくので、そこをもう少し追求していきたいと考えています。マネジメントしてくれる人と副業ワーカーがセットだったら完璧ですね!

樺沢
樺沢

副業を通じて人間同士のコラボレーションが出来るというのは本当に素敵なことだと思います。色々な人と関わって多様性が生まれると、企業にも新しい風が吹きますよね。地域と関わりたい人と地方の企業を「副業」を通じてコラボレーションする「ともるい」はすごく面白いサービスだと感じています。

ともるいを通じて出会い

お互いに副業ワーカーとして切磋琢磨し合う

とても素敵なお二人でした。

2021.08.27


ともるい|株式会社Riparia

津南醸造のWebプロモーターを募集