▶︎ 副業マッチングサービス「ともるい」

事例紹介#5『 24時間で出会えた新しい仕事仲間 』

『 24時間で出会えた新しい仕事仲間 』

ともるいは、都会にいながら副業として

地方で働くことができるサービスです。

ともるいライフでは、ともるいを

活用していただいた方々を紹介していきます。

・・・・

今日ご紹介するのは

新潟県上越市「株式会社越後薬草」代表取締役

塚田和志さんです。

ともるいを利用して

3名のライターの方とマッチングし

現在も副業として一緒にお仕事をしています。


【地方企業様】塚田 和志(つかだ かずし)

お客様が若々しく健康的に毎日を過ごせることを目指す「株式会社越後薬草」の代表取締役。

令和3年5月にアルビレックス新潟のオフィシャルクラブパートナー契約を締結し、そのプレスリリースを執筆してくださるライターを、地方の企業と都会で働く人とのマッチングサービス「ともるい」で募集。

3名のライターとマッチングが成立し、現在も共にお仕事している。

運営
運営

アルビレックス新潟とのパートナー契約締結、おめでとうございます!

塚田
塚田

ありがとうございます!たくさんの反響があり、原信ナルスさんに私たちの商品「まいキムチ」を置いてもらっているのですが、サポーターの皆さんがたくさん買っていただいていて完売になることが多いそうで、本当に嬉しい限りです。サポーターの皆さんの暖かさを日々実感しています。

運営
運営

ともるいを利用するにあたり、どんなお悩みがありましたか?

塚田
塚田

現在、自社でブランディングとマーケティングを行っていますが、様々な商品を販売する中で、デザインやライティングなどのクリエイティブの部分が弱いなと感じていました。そこに関して誰かの力を借りたいと思っていた時に、Ripariaの代表の室田くんに「ともるい」を紹介していただき、副業人材の方に仕事を依頼することができるのだと知りました。初めはイメージが湧きにくかったのですが、色々な事例を聞いて、プレスリリースのライティングもお願いできるかもしれないと思いました。
今回、アルビレックス新潟とのオフィシャルクラブパートナー契約締結という大切なリリースを配信するにあたり、せっかくだから副業人材の方の力を借りてちゃんとしたものを配信したいと思いました。話題作りにもなったらいいなと思い、ライティングの副業募集を開始しました。

運営
運営

なぜ副業人材の方にお願いしようと思われたんですか?

塚田
塚田

リリースをそんなに頻繁に出すわけではないから、専門で誰か1人を雇用するというよりは、仕事が出てきた時にポイントでお願いできる人がいてほしかったですね。これまでも社内でプレスリリースを配信したことはありましたが、タイトルが果たして正解なのかとか、属性の絞り込みがわからない中でやっていました。できる人にお願いして、どのようなターゲティングをするのか見てみたいという部分もありましたね。

運営
運営

ともるいを利用してみていかがでしたか?

塚田
塚田

今回、アルビレックス新潟とのオフィシャルクラブパートナー契約が決まり、時間がない中で「ともるい」でプレスリリースを執筆してくださるライターの方を募集しました。募集を開始してから24時間以内に8名の方からご応募いただき、その内1名の方とマッチングしました。まさか24時間以内にライターの方と繋がれるとは思っていなかったので驚きました!
また、アルビレックス新潟のプレスリリースだけでなく、今後継続的に関わっていただけるライターの方ももう2名マッチングでき、現在は3名の方と共にお仕事させていただいています。
社内でやるには時間的に余裕がない、専門にできる人がいない、とはいえ雇用するまでの必要はない。「ともるい」はそんな会社の悩みを、安価で簡単に解決してくれる副業サービスだと思います。痒い所に手が届き、偏りのない豊富な人材が多く登録しているのも魅力的ですね。

運営
運営

越後薬草の今後の展望を教えてください。

塚田
塚田

私たちは色々な領域の事業を行っています。主力事業として行っている健康食品やサプリメント、クラフトジンなどのアルコールの事業、健康食品の事業の一環である「まいキムチ」などです。それぞれ違う領域での販売にはなりますが、今後はD2Cの部分をさらに伸ばしていきたいですね。クラフトジンに関しては国内だけでなく世界で戦っていきたいと考えています。
現在、クラフトジンを限定的に販売するやり方で行っていて、早いものだと販売開始から2、3分で売り切れてしまいます。そうすることで話題作りにもなりますし、その先で生産者さんと商品、地域をつなげることで”新潟はやっぱり酒だよね”って言われることを目指しています。そして世界に向けてもっとPRして羽ばたいて、越後薬草を多くの人に知ってもらいたいですね。

越後薬草の未来を見据え

アルビレックス新潟のように力強く

様々なことにチャレンジされている塚田社長でした

2021.07.13


ともるい|株式会社Riparia

越後薬草のプレスリリースを執筆してくださる方を募集